カプコンインターンシップ体験記: スマッシュヒット開発の全貌

イントロダクション

私、高矢空のカプコンでのインターンシップ体験は、ただの経験を超えたものでした。スマッシュヒットというゲームの開発を通じて、ゲーム制作の全過程を学び、実際に応用する機会を得ました。このブログでは、その貴重な2か月間の体験を共有します。

トピック1: ゲームデザインの基礎から学ぶ

カプコンHackathon2022では、Unityを使った2Dジャンプアクションゲームの制作方法を学びました。初心者から経験者まで、ゲーム制作の各段階を詳しく教えてくれるカリキュラムからスタートしました。このゲーム制作の各段階は各個人で配布された資料に基づいて2か月間学習を行っていきます。

トピック2: チーム開発の重要性

インターンシップでは、最大5名でのチームを組み、2日間のHackathonを経験しました。この過程で、チームワークの重要性と、異なるスキルセットを持つメンバーと協力する価値を学びました。

トピック3: 技術的課題とその解決

開発中に直面した多くの技術的課題からは、問題解決能力が試されました。特に、Unityの深い理解と、C#に関する知識が不可欠でした。また、世界中でスコアを競えるように、Azure Functionsとデータベースを用いて、スコアをネットワーククラウド上で管理しました。クラウド系はすべて私が担当しました。

トピック4: 未来の展望

このインターンシップを経て、ゲーム開発におけるキャリアを真剣に考えるようになりました。カプコンでの学びは、私の将来の道を形作る貴重な財産となりました。

コンクルージョン

スマッシュヒットの開発は、私にとって計り知れない価値がある経験でした。カプコンでのインターンシップを通じて、ゲーム制作の現場で働くことの大変さと楽しさの両方を体験しました。この体験は、私の技術、知識、そして将来のキャリアに大きな影響を与えました。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*