NTTデータでの冒険: インターンシップが切り開く未来の技術とチャレンジ

1. インターンシップへの導入

私のインターンシップの旅は、NTTデータ社でのインターンから始まりました。最初は、新しい環境に対する期待と緊張が入り混じる感情でいっぱいでした。初日、オフィスの門をくぐった瞬間、「新たなチャレンジの始まりだ」と心が躍りました。まず、きれいすぎるフロントにとても驚いたのは今でも覚えています。

2. 日々の活動と学習曲線

実際に配属されたのは、NTTデータ本社(豊洲)でソリューション事業本部に配属。

テーマは「ネットワークデリバリ業務における業務プロセス改善とDX化」で、内容としては、法人・金融機関向けネットワークデリバリ業務において、業務プロセスの改革(効率化や自動化)、DX(デジタル)化の推進、各ネットワークサービスの比較評価・可視化・分析業務を行いました。

プロジェクトチームでの日々の活動は多岐にわたり、チャットボット開発からセキュリティ評価まで、幅広いプロジェクトに携わる機会がありました。最初は難しさを感じたタスクも、徐々にではありますが、確実に技術を習得し、成長を実感することができました。

3. 主要プロジェクトと成果

特に印象深いプロジェクトは、自社製品のユーザーエクスペリエンスを向上させるチャットボットの開発でした。チームと密接に協力し、ユーザーのニーズに応えるソリューションを生み出すことができたことは、大きな達成感をもたらしてくれました。

4. 職場文化とチームダイナミクス

NTTデータ社の職場文化は開放的で、いつも助け合いの精神が溢れていました。チームメンバーとのディスカッションは、新たなアイデアを生み出し、互いに成長するための貴重な機会でした。

また、途中で勝手にメールの自動生成AIをチャットボット上に組み込んだプログラムを上司に提案したところ、とてもいい反応をいただけたことは大変うれしく感じました。

5. 反省と主な学び

このインターンシップを通じて、技術的スキルだけでなく、チームワーク、コミュニケーション能力、問題解決能力といった、仕事を進める上で不可欠なスキルを身につけることができました。この経験は、私のキャリアにおいて大きな糧となります。

終わりに

NTTデータでのインターンシップは、私にとって忘れられない貴重な経験でした。ここで学んだことを活かし、これからの挑戦にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

このブログは、インターンシップの経験を通じて得た学びと成長を綴ったもので、読者にインターンシップの価値と可能性を伝えることを目的としています。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*